〒470-0195 愛知県日進市岩崎町阿良池12


愛知学院大学 総合政策研究科は、諸学問の知識を統合的に応用することで
総合的な政策を立案・実行できる人材を養成しています。

博士前期課程

総合政策研究科総合政策専攻は「人間環境コース」と「社会システムコース」の2つのコースで構成


多様な学問分野を学習・研究できますが、学びやすいように「人間環境コース」と「社会システムコース」の2コースを設けています。
「人間環境コース」では、生涯学習・教育、対人関係・ 人間心理、生命科学政策を研究領域とし、「社会システムコース」では、社会経済システム、政治、地域文化政策、環境政策、国際政策を主な研究領域にしています。
また、両コースに共通する基盤と国際性を身に付けられるように、情報科学に関する科目やコミュニケーション英語力を養える科目を「キャリア支援科日」として設置しています。

統合的に諸学問を生かせる力が身に付けられるカリキュラム

多様な学問を個別的に理解することが本研究科の目的ではありません。実社会で役立つように、諸学問を統合して生かせる力が身に付けられるようにカリキュラムを工夫しています。その一つが必修科目の「総合政策概論」で、人間環境と社会システムに関する研究の中から総合性のあるテーマを取り上げ、複数分野の教員と院生とが議論し合うことで総合的な知見を養えるようにしています。
科目群は「研究基礎科目」、「研究科目」、「研究発展科目」からなり、基礎力の養成、幅広い知識・研究手法の修得、専門分野の研究をバランスよく進められるようにしています。

実務で役立つ技能と研究能力を高める科目が充実

身に付けた専門性と知識を実務で生かせるように、「キャリア支援科目」や「研究支援科目」を設置しているのも特色です。
「キャリア支援科日」には、通信システムやデータべース、英語を学べる科目を置いているほか、学生指導・進路指導、教育評価・心理検査などの教育学系の科目も充実させています。
「研究支援科目」には、「リサーチ・プロジェクト支援科目」を置き、自らが関心を持った課題についてフィールド調査をしたり、参考文献などを調べるなどの活動を通じて、調査・ 分析・評価方法といつた研究手法を身に付けられるようにしています。

社会人のための1年で修了可能な特定課題研究コースも開設

地方自治体職員や民間企業の会社員が、職場で抱える課題について研究できる「特定課題研究コース」を設けています。修士論文の作成に代わって特定課題研究レポートを提出し、優れた成果をあげた場合、1 年で修了することができます。

博士後期課程

「総合政策」といった新領域の確立に寄与できる研究者を養成

総合政策といつた新しい学問分野の確立と社会発展に資する研究者・教育者の育成を目指しています。既に5人の博士を輩出し、大学教員として日本国内だけでなく、海外でも幅広く活躍しています。
博士後期課程が専門にしている分野は、発達心理学の立場から人間関係の在り方を中心にした総合政策、国内外における環境改善政策、生命倫理などにかかわる政策、政治学や政治史に基づいた新たな政治政策の各分野で、いずれも喫緊の課題を対象にしています。


ポリシー

<カリキュラムポリシー>
社会システムコースでは「社会生活」を研究のコアとし、ダイナミックな社会変化の中での経済や環境政策、福祉や社会保障を含む政策、グローバル化する世界の国際問題、そしてIT社会を見据えた情報化政策を研究しより良い社会システムへの政策提言ができる人材を育成する。一方、人間環境コースでは「人間生活」を研究のコアとし、生涯にわたる学習、情報化の中で、高齢化社会における健康的な生き方を人間心理と人間生活そしてそれらを取り巻く環境の側面から研究し、高度な企画・政策提言ができる人材を育成する。本研究科では、この2つのコースの特徴を活かすとともに、学際性を重視し、両コースの教員の研究概要を全学生が受講するなど、各々の専門分野と他分野との融合を考えたカリキュラムを構成する。

<ディプロマポリシー>
博士前期(修士)課程では、研究基礎科目として全学生必修の総合政策概要と、コース別で必修の社会システム基礎論、または、人間環境基礎論を含め6単位以上、研究科目として、専門分野を中心に3科目12単位以上、および、研究発展科目(専攻科目)として2年間で8単位を含む34単位と修士論文の合格により、修士(総合政策学)の学位を授与する。博士後期課程では、総合政策研究として3年間の研究指導を受け、その間に博士候補者試験に合格し、最終的に博士論文を提出し審査に合格した学生に博士(総合政策学)の学位を授与する。

<アドミッションポリシー>

総合政策研究科総合政策専攻は、「行学一体・報恩感謝」の精神に則り、人間環境コースにおいては、生涯にわたる学習、情報化の中での人間の心理、及び高齢化の進展の中でより健康な生き方を求めて、人間生活とそれをとりまく環境を研究し、より高度な企画、政策提言を習得しようとする者、また、社会システムコースにおいては、社会のダイナミックな変化の中での経済・環境政策、社会政策、国際政策、情報化政策を研究し、より良い社会システムへの政策提言を習得しようとする者を、それぞれのコースに求められる基礎的な学力および興味・関心を評価し受け入れる。


NEWS新着情報

2014年7月28日
ホームページをリニューアルしました。

バナースペース

愛知学院大学 総合政策研究科

〒470-0195
愛知県日進市岩崎町阿良池12